占いがある理由

占いってなんで存在するのだろう?

本格的に占い師になろうと思い始めた時に考えました。だって占いってなかったらなかったで困らないですもんね。今日の占いを見なくても日々を過ごせるし、占いを信じない人もたくさんいらっしゃいますし。そう考えると占いって別になくてもいいものなんですよね。

でも占いって太古の昔から存在してるんです。ずーっと存在し続けているんです。つまり人々に必要とされ続けているんです。

では人々はどんなときに占いをしたいと思うのか。迷っているとき、悩んでいるとき、自分を知りたいとき。人間って弱い生き物で自分に自信が持てないから占いを頼りたくなるのではないでしょうか。

そして自分の進むべき道を示してもらったり、自分の考えを後押ししてもらって人は自分に自信を持てるようになる。占いはそのきっかけを作ったり、後押しのお手伝いができるものなのだと思います。

自分に自信を持つための方法は他にもたくさんあると思います。カウンセリング、コーチング、コンサルティング、宗教など人それぞれ自分にあった方法で自信を持てればいいと思います。

太古の昔から存在し続ける占いもあなたの自信を持つ方法の一つであることを覚えておいて欲しいなと思います。

自分の考えに迷っているとき、自信を持ちたいときには占いも選択肢の一つとして考えてみてはいかがですか。

きっと占いしてみて良かったって思えますよ。


フォローする!
シェアする!