考えない という しあわせ


なんだか昨日は何もやりたくない気持ちのまま結局何もやらずに一日を終えました。録画してたまっているテレビを見たいとも思わず、気になるYoutubeも見たいとは全く思いませんでした。

以前の僕だったら何もやる気が起きないことに、何もやらなかったことに、やりたいことが分からないことに自己嫌悪に陥ってしまっていました。でも最近は全然平気になりました。何にもやりたいことが思い浮かばないな〜、と思うだけでそれ以上でもそれ以下でもありません。ありのままを受け入れられるようになったのでしょうか。

そして今まではいろいろと余計なことを考えすぎていたのだな、と気づきました。考える必要のないことや考えたところでどうすることもできない不安や心配を勝手にいろいろ考えて脳や心を疲れさせていてしまっていたのだと思います。そうはいってもやっぱりいろいろ考えちゃいますけどね。「人間は考える葦である」とも言いますし。


話は変わりますが僕は人見知りです。初対面の人とのコミュニケーションが苦手です。特に自分のしゃべり方や振る舞い方がコンプレックスなので初対面の相手にどう思われるのだろう?といつも考えてしまいます。なので初対面の人に会うのが本当に苦手で、お店で店員さんに話しかけるのも本当に苦痛です。

でも最近は気づくとお店の店員さんと抵抗なくコミュニケーションをとっていることがあります。なんでだろう?と振り返ってみると、相手にどう思われるか?ということを考える前に行動していたことに気づきました。

今までだったら相手にとう思われるのかが不安で心配しまくっていたのですが、最近は何も考えずに自分がやりたいからをやってしまっていることがあります。

多くの人にとっては些細なことかもしれませんが僕にとっては大きな驚きでした。そして考えたところでどうしようもないことを考えずに行動していることが本当に楽に感じました。きっと世の中の社交的な人たちはこんな気持ちで他人とコミュニケーションをとっていたのですね。


こんなこともあり、余計な不安や心配を考えてしまうことの積み重ねがとても苦しかったことにようやく気づき、タロットでいえば0番目の愚者のカードのように余計な不安や心配を考えずに頭を空っぽにして過ごせることは楽でしあわせなことなんだなと気づきました。

これからも余計なことを考えずに楽にしあわせに生きていきたいものです。そのためのよい方法が見つかったらまた発信していきたいと思います。

とはいえ僕はまだまだ人見知りは人見知りです。どこかでお会いする機会があったならばやさしくしてください。



フォローする!
シェアする!