“must”を “want”に!

最近は「やりたいことしかやらない」をモットーにしているので”must”を “want”に変換するように心がけています。面倒くさくてやりたくない「やらねばいけない」ことを「やりたいからやる」に思うようにしています。

面倒なことをやるかやらないか迷った時には「仕方ないからやる」のではなくて「やりたいからやる」にまで思考を進めます。

例えば今日も掃除機をかけるのがとても面倒くさくてやる気が起きませんでした。そんな時には心の中での葛藤がはじまります。

どうする?やる?やらない?まぁ明日でもいいけどさ。でも明日だとしたら出かけるから時間に余裕ないよ。早起きできる?起きてすぐやれる?それで明日もやらなかったら泥沼に陥って自己嫌悪になるよ。じゃあ、やる?でもなんか体に力入らないよ。無理してやるのもよくないじゃん。やりたいことだけをやりたいタイミングでやればいいんだからさ。んー…。どうする?

いつもこんな感じで悩みます。迷っていることに気付いたら、やった場合のいいことを考えるようにしてみます。

やっちゃったらどんな感じ?やっちゃえば今日のノルマ達成でスッキリするよね。部屋も一応キレイになるしさ。やっちゃえばやらなかったことをうじうじ後悔しなくて済むよ。そうだよね。でもやっぱりできればやりたくないじゃん。

そうするとちょっとだけやった方がいいような気になってきます。

どうすんの?やるの?やらないの?やっちゃった方がいいのは分かってる。だよね〜。で、やりたくないの?やりたいの?んー、やりたいかな???じゃあ、やりたいからやる?やりたいんだったらやろう!

という感じで無理やり「やりたくない」を「やりたい」に変換してするようにしちゃってます。

ポイントは「やらなくちゃいけない」からやるのではなくて「やりたい」からやるまで思考を進める点です。そうすることで嫌々やるのではなくて自ら進んでやるポジティブなイメージを持つことができます。

「やりたいことをやっている」とイメージして自分に言い聞かせてやりはじめると不思議と心も体も軽くなる気がします。

食器を洗うのが面倒くさいなと思っていても「今洗っちゃえばあとが楽だし、一瞬洗いもののことを考えたということは本心では洗っちゃいたいんじゃない?洗っちゃう?あとにする?やりたい?やりたくない?きっと今洗いたいと思ってるんだろうから洗っちゃおっか」とか最近よくあるパターンです。

本当にやりたくないことはやりませんが、迷っている自分に気付いた時には「迷う=やりたい気持ちがある」と解釈して、その迷いの中にある「やりたい気持ち」をサルベージしてあげてるイメージですかね。

“must”を “want”にして「やりたいことをやってる」にできたらとても楽しい毎日になりそうですよね。

今日はこれからジョギングに行く?行かない?走りたい?走りたくない?やりたい?やりたくない?あ、雨が降ってきちゃった…


フォローする!
シェアする!