自分を表現するとは?

symmetrical photography of clouds covered blue sky
Photo by James Wheeler on Pexels.com

自分を表現するってなんだろう?

バシャールの動画を見ていたら人はみんな自分を表現したいという欲求があると言っていたんだけれども、何を表現したい?なんかよくわからない…。

と思ったのでちょっと考えてみることにした。

表現という言葉をちょっと壮大に考えてしまっているのかもしれない。表現というと音楽、絵、ダンス、踊り、書道、華道、ファッション、文章とかイメージできた。でもなんか別に今はそういう型にハマったことで何かを表現したいっていう欲求は全然ないんだよね。

表現ということに対する固定概念があるのかな。これもブロックか。

まぁ行き着いた答えとしては感じていることを吐き出すってことが自分を表現するってことなのかなと思った。

そう考えると、なんか気楽に思えてくる。

この文章を書いているのも自分の表現なのだと思うし、日記とかも自分を表現しているってことだよね。

表現っていうと誰かに見せるというイメージを持ってしまっていたのかもしれない。

でも誰かに見せる必要なんてないし、見せたいともあまり思わないし、見せたくないこともあるし。

なんだろう?

感じていることを体外に排出するという行為がたぶん自分を表現するっていうことなのかな。と思ったらちょっとしっくりわかったような気がした。

だからこの文章も自分に向けての文章だよね。笑

なんかすごくタイピングしたい気分だったからさ。

なんだろう。感じたことに素直になれってことなのかもしれないね。感じたことを思考でコントロールしてしまうことがもったいない気がする。だから感じたことを感じたままに表に出してその感情を味わうってことなのな。そんな感情を自分が持っているってことを受け容れるってことなのかな。

自分の中のいろいろな感情に気づけたらなんか面白い気がする。大人になると感情に蓋をしてしまうことも多いもんね。こんな気持ちになってはいけないとかさ。

なんかそんな気がしてきた。

このブログ的なところも、何も考えずにこうやってどんどん感情のはけ口にしていってしまったっていいわけで。

見たい人がいたら見ればいいし、見たくない人は見なければいいだけの話。

自分以外の人のことを気にしていたら本来の自分の周波数には慣れない気がするしね。

というわけでこんな殴り書きでした。笑



フォローする!
シェアする!