おいなりさん

感情に素直に従おうと日々精進している日々を送っている今日このごろ。とっても些細だけれども「気持ちに素直に従うとはこういうことか!」と思えた出来事があったので文章を綴ってみたいと思います。

うちの狭いアパートメントに友人3人が遊びに来る予定があった日のことです。自分も入れると合計4人が集まる予定でした。

午後に集合予定だったのでお昼過ぎに4人分の食材を買い出しにスーパーに行きました。みんなで何を食べようかといろいろと店内を物色をしているとふとワゴンに乗っている大特価品のおいなりさんが目に飛び込んできました。

久しぶりにおいなりさん食べたいな〜と思ったのですが、そのおいなりさんは6個入りだったんです。4人だと2つ余るし2つ足りない数です。なのでその美味しそうな大特価のおいなりさんはあきらめました。

でもその場を離れようとした時にやっぱりなぜかあのおいなりさんが気になって仕方がなかったんです。え〜どうしよう?と悩んでいた時に気持ちに素直になるということを思い出したのです。それを実践してみようと思い立ち、数が合わないことを承知の上でその6個入りのおいなりさんを買うことを決意しました。

そして帰宅していそいそと準備をしていると一通のメッセージが届きました。一人の友人が今日は来れなくなったそうです。

ということはつまり3人で6個の大特価のおいなりさんを2つずつ食べられる!!
気持ちに従うってこういうこと!?

その後、無事に一人2個ずつおいなりさんをおいしく食べることができました。


気持ちに素直に従えばうまくいくようになってるみたいです。


フォローする!
シェアする!